スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エン ゲージ 第一話前編

昔運営していた新世紀エヴァンリオンの二次創作小説ホームページに公開していたものです。
第五話まで公開していたことがあり、第六話の一部は感想をくださった方に送ったことがあります。
とりあえず二十話くらいで終えるつもりであげていきますのでおつきあいくださるとうれしいです。





エン ゲージ


第1話 「ラブ」 前編


「ボクがのり……あれ?ここどこ?」

ガタンガタガタぼっちゃーん


作業中のみんなが倒れている。
含み笑いを浮かべた父さんも身体が傾いている。


「あんた今まで寝てたんじゃないんでしょうね」

LCLのプールから這い出たミサトさん。
そう言えばリツコさんは…………あれっておぼれてるんじゃないかな。


よくよく見ると初号機のゲージ……


「嘘…………ここ……どこ?」


ガタンガタガタ

ぼっちゃーん



「いいから乗せちゃって」



「碇を困惑させるとはな。
 期待のニューフェイスと言ったところか」

「冬月」





「第一次接続開始」
「了解、第一次接続開始します」

「エントリープラグ注水」



血の匂いがする



LCL…
命の源
僕たち自身



ここは?
ゲージ

壊れたはずなのに

もう直したの?
それとも夢?
あれは夢?

そうか


よかった




「何してんのかしら、あの子」

「さぁ?笑っているようにも見えるけれど」


「パイロットよりアルファー波検出………レム睡眠に入りまし…た

ねるなぁーーーーーー!!

「マヤ」
「ぽちっとな」
あぁああーあああああAaaa!!

「ちょ何したのよリツコ」

「押したのはマヤよ」
「ああ先輩ずるい」

「中間管理職ごっこはいいからさっさと説明して」


「これからが面白いのに…………コホン
 LCLは電化されているのよ」

「殿下?」

「そうよ。シンクロしやすくするためにね」

「ふーん」

それでシンちゃんは恐れ入ってるわけか。なにしろ殿下だもんねぇ。
頭下げちゃって…………
あら、漂いだしたわ。

気絶してんのかしら


「ちょっと圧力を強めただけ。害はないわ」

ならなんでシンちゃんから目をそらすのよ。


「圧力ねぇ。俺を尊敬しろぉーってかぁ?」

「何を言ってるのミサト。電圧をあげたって事よ」

「殿圧?」

…なんのことかしら

「さっきから何を言ってるの?あなた」

「だってLCLを殿下にしたんだしょ?」

「…今の言葉を紙に書いてくれるかしら」

「いいけど…」
スラスラ


「……………………何のためにLCLに尊称をつけるのかしら」

「シンクロしやすくする為なんでしょ。自分で言ったじゃないの。
 理屈はわかんないけどリツコのする事だから」


「それじゃエヴァは何?王子さまかしら」

「王子様といえば白馬よねぇ。そうよ!!白馬。
 自走式の発電機を白馬にするってのはどう?今みたいにケーブル付のハンデが減るわよ」

「無理ね」

「なんでよ」

「最大の問題はスケールね。火力発電では白馬どころか山になるわ」

「自走は無理?」

「それどころかエヴァで引っ張る必要があるわね」


「風力発電では…無理か」

「水力と言わなかっただけ誉めてあげるわ」


「先輩、原子力発電ではどうですか?」

「スケールの問題は解決するわ。ただ別の問題がでてくるけれど」

「致命的なね」

「?」

「戦闘による被害で放射能漏れを起こす可能性が高いのよ。
 パイロットが被爆したら目も当てられないわ」

「ああ」


「護衛にエヴァを2機ほどつければ検討する価値もでてくるわ」

「誰が攻撃すんのよ。日本には2機しかないのよ」

「そのうち一機は修理中」

「初号機しか…シンジ君しか頼れない」

「少なくとも今わね…まだ目が覚めないようね」

「ぽちっとな」
あぁああーあああああAaaa!!


「「「………………」」」


「趣味っすか」

「「「ぎくっつ」」」


「ああ、ああ青葉っち、私たちがシンちゃんの苦しむ姿を堪能してるとでもいいたいの」
「先輩・・・青葉っちだなんて気安すすぎます」


「赤木博士、シンクロスタートだ」

「はい、いえ。パイロットの意識がまだ」


「かまわん座ってさえいればいい」

「無茶苦茶言ってるわねこのオヤジ」

「やっていたのは君たちだと思うがね」

「あ、はい。マヤちゃんお願い」


「いいのか?碇」

「死んでいるわけではない。
 射出する途中で目が覚めるだろう」

「覚めなかった時は…」

ニヤリ

「いや、なんでもない」




【後編へ】

スポンサーサイト

コメント

Secret

インテリアカレンダー
プロフィール

TYUUJYOU

Author:TYUUJYOU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

二次創作目次


エン ゲージ


第1話 ラブ

前編
後編

第2話
 蜻蛉日誌






第3話
 風と雲と虹と




第4話
 赤城の山も? 






第5話
 アスカ来日 





ブルーレイ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。