スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンゲージ第四話四



エン ゲージ


第4話 「赤城の山も?」 四






「綾波っ綾波っ綾波っっくぅうう熱綾…波」
ガクン
ザーーーッ

「綾波っ綾波っ綾波?…





 眠ったんだね……








 熱かったよね………











 苦しかったよね























 ごめん













ピィーーー











「…はい」

「シンジか」

「うん」

「…無事か」

「僕は…綾波が護ってくれたから」


「そうか」

「そうかって…それだけなの父さん」

「…」

「綾波が大事なんでしょ僕なんかよりずっと大事なのに。
 どうしてさ。
 なにも言うことないの?!」


「レイが死んだのは私のせいではない」
「なっ」

「お前のせいでもない」
「…」


「お前のためだ」

「…僕の」


「すぐに迎えを寄越す。そこで…いや、初号機のプラグに戻って待て」

「ここでいいよ。その方がいいから」

「そうか」イソイソ

「ハハ、やっぱりそうかって…それだけなんだね」


「切るぞ」イソイソ

「うん」
タタミタタミ
オリオリ


「…はみ出すの」

「ああ、これはね。ちゃんと折り目を付けてからできゃ、折り畳めないよ」

「うん」

「ほらできた…あれ?これ僕のプラグスーツ」

「取っちゃ駄目」

「あ?あれ…あの…あれ?」


「何、泣いているの………?」

「え?…あの…え?」


「ごめんなさい………こういう時、どんな顔すればいいのか、わからないの」










「…笑えばいいと思うよ」













          ○●○●○●○●○●○●○●○●○●




「んで、結局シンちゃんはずっとパジャマで闘ってたわけ?」

「あははははは」

「笑いごっちゃないでしょうに」

「宝物」

「レイぃ、どうせなら、シンちゃんの着古しをもらいなさい。
 それは新品で、シンちゃんが一度も着たことないやつなんだから」

「ミサトさんっ」

「じぃーーーーーーー」
「あは?」

「じぃーーーーーーー」
「これ?」




「ミサトさんのせいですよ」

「まさかパジャマを欲しがるとは…盲点だったわね。

「古いプラグスーツを着たいんですけど」ぴくっトトトトトトトトトトトトトト

「なんの為に高い予算かけて新調したと思ってんの?だーめ」

「新調したって僕が持ってないんじゃしょうがないじゃないですか」

「それもそうか………………レイは?」

「………あれ?」

「先回りされちゃったみたいね」

「へ?」

「もうこうなったら身体をはったら?」

「はい?」

「プラグスーツと引き替えに、時々【碇君】を見せてあげたらって事」

「ミサトさん!!」


「じょーくじょーくちょーく…ちょ…しん…ちゃん…まじで首に入っ…てる」

「あ、すみません」

「ぐっはぁーへーぜーぜー。まったくもー花園が見えたわよ、おかげでやる事一つ思い出したけど
 はい、みんなしゅうごぉーー」


「はいはい」
「なんすかぁ」
「お、シンジ君のストリップかい」
「不潔……で…す」
「熱心ね、マヤ」
「やだ、先輩」



「はーいちゅーもぉーく」

「ミサトさんっ」

「シンジ君じゃなくて、こっちに注目。
 新しいお友達を紹介するわよぉ。はい、自己紹介してっ」


「パイロット候補生」
「見習い補佐が抜けてるわよ」

「パイロット候補見習補佐、K=あいーだ=カメイですよろしく」


「えー彼は事情があって本名が名乗れません」

「マコト、なんだかすっごく怪しげな紹介だよな」
「葛城さんが紹介すると、普通の人間でも異様に胡散臭くなるからな」


「静粛に、あーうんと
 正式採用され次第本名に戻すからそこんとこよろしく。
 相田君…じゃなくてあいーだ君、パイロットの控え室はシンちゃんに聞いてね。
 後で一通り案内すっから」


「はい、よろしくなシンジ」

「あ…あの……はじめまして 
 よろしく」


「………」
「……はじめまして?」


「どうしたの?」


















「ラミエル」
サッ

「成長しきっていないとはいえ、君をここまで壊すとはね。
 エヴァ…か。
 いや、リリンの力かな」

フィン
怖気づいたのかね

「まさか。
 僕にとっては生と死は等価値ですよ」

等しく無価値ということかね

「ふっ」


フィン
コアの回収を急ぎたまえ
フィン
さよう、我々には永遠の安らぎが必要だ



彼らに与えるのは ふぃん
永劫の苦しみ   ふぃん

その判断は君に一任しよう  ふぃん



カラン

「……………いいのかい?」










「コアが消えただと?誰かが持ち去ったのかね」

「重機の接近跡はありません。歩哨も異常に気がつきませんでした」

「だから消えた…か。あまり確率の高い推論とは思えんな。
 切断面の様子は」

「あれが切断したのだとすれば我々の科学力を軽く凌駕していますね……失礼しました
 現象を再現することは、既知の技術では不可能です。切断による組織損壊の痕跡が一切確認できません」

「切るということは壊すということだからな。自然に溶けてなくなったと言われた方がまだ納得もいくか。
 どう思うね碇」

「調査は?」

「続けさせておりますが、有効性には疑問があります。
 残った部分の劣化が急速に進んでいますので、これ以上のデータの収集は不可能かと」

「劣化だと?しかし第四使徒の時はわざわざこちらで薬消後焼却したはずだ。
 第五使徒には劣化の兆候があったのかね」

「コアが消失するまでの経緯は第四使徒と同じです」

「簡単なことだ」

「何がだ」

「コアが無くなって劣化が始まったというのならば、コアが組織を維持していたのだろう」


「それでは?」

「生きていたということだな」



「…第四使徒のコアを早急に調査します」

「不要だ」

「しかし」

「地下B2施設に隔離しろ
 24時間監視体制をとらせる。
 冬月」


「赤木博士、監視体制の打ち合わせを始めるとしよう」
「はい」


カツオ、ナカジマ、ワカメ。ちょっと手伝え

「ワカメ?」

「赤木君、すまんが少し手伝ってくれたまえ」

「それはよろしいのですが」

「手伝いを怠ると、この司令室を追い出されそうなのだよ。
 どこかの誰かがヘマをしてくれてね」

「問題ない。お前も共犯だ」

「…碇」

「あ、あの…先に行きます」




カツカツカツ…コツ
「碇、判っているのか?…きやつらの目的を」

「ああ。コアで出来ることなど限られている」

「あれを、その目的の為に利用できるのは我々だけのはずだぞ」

「ひとつ忘れているな」

「老人達か。…しかし彼らであればこんな派手な真似をしなくとも」

「我々の手伝いは不要。そういうことだ」

「信用されたものだな」

「価値があればそれでいい。お互いにとってのな」

「利用価値か…老人達にとって、我々はまだ価値のある存在というわけだな。
 信用も信頼もできない存在だとしても」


「老人達に信頼されたいのか?」

「…死んだほうがましだ」



「………行くぞ」

「ああ」







つづく





 次回よこく

みちゃと 「さーって来週のサ」ぺちん
みちゃと 「んがんぐ」


しんじ  「乱暴は駄目だよ」
あちゅか 「だってぇ…いぢわるぅ」
しんじ  「…ホントにキミ、アスカなの?」
あちゅか 「…どういう意味よ」


いよいよ登場です

【エン ゲージ】第五話「アスカ、来日」







第4.5話 豫感



「ふぃーあっちっち。
 元気してるーリツコ。もういい年なんだから徹夜は駄目よぉー」

「暇そうね三佐さん」

「階級あがったってやることは変わんないのよ。少なくとも使徒がこなくなるまではね」

「あなたのやる事はそれだけではないはずよ。
 聞いたわよ。日向二尉に仕事を押し付けてるそうね」

「ちゃはははは」

「日向二尉がした方が効率がいいのだから仕方ないのかしらね」

「あーによそれ」

「事実よ」
「……」


「そういえば、JA計画が凍結されたそうね」

「あーうん。動力が原子力だと知れた途端総スカンよ
 周囲の市町村から通過拒否されて研究所から一歩も出れないらしいわ」

「安全宣言は出していないのかしら」

「危険ですなんて言いながら操業してる原子力設備なんかないわよ」

「JAは設備ではないわ。兵器よ」

「それが余計問題なんじゃない。自走式の原発作るよりまだ始末が悪いわ。
 兵器ってのは壊れるもんなんだから」

「そうね。発電所を自走式にする意義には疑問があるし」

「あーにずれた事言ってんのよ。例えよ例え。
 それよかあの連中ATフィールドの事どう考えてんのかしら」

「ATフィールドは機密扱いよ。一企業体である彼らが知るはずはないわ」

「戦自の攻撃が全く通用しなかったことくらい知ってるんじゃない?一応武器商人なんだから」

「非営利団体もあるけれどあそこはそうではないわ。それでも武器商人というのはどうかしらね。
 兵器産業に造詣があるならば、敷地内を一歩も出れないような兵器は作らないと思うわ」

「なに考えて作ったのかしらね」

「さぁ」


恐らく新聞発表前に関係者だけのレセプションを開催、そこでJAの有効性をアピールして既成事実を作ろうとしたのでしょうけれど。
何しろエヴァの維持運営には莫大な費用がかかるわ。
それに対してJAは安価で大量生産も志向できしかも無人兵器。ATフィールドについてもある程度の知識があるようだし。
安全神話より面子を優先させる連中が飛びつく要素はやまほどあるわ。
政府と戦自さえ事前に納得させていれば、今回ほどの騒動にはならなかったはず。
……勿論レセプションが上手くいっていればの話しだけれど。
この時期に誰が情報を流したのかしら


「リツコ?」

「ああごめんなさい。…そうね。ただ、むこうの人達も挽回に必死だと思うわ。
 周囲の状況を無視して出撃してくる可能性はあるわね」

「げっ、手柄を立てて認めさせようっての?
 よしてよ。原爆がちょこちょこ歩いてる中、ドンパチやる度胸ないわよ私」

「いくらなんでも爆発はしないと思うわよ。放射能漏れは起こすでしょうけれど」


「…放射能防護服の予算申請しとくわ」

「賢明ね」


パタン



レセプションが成功すれば…

そうね
レセプションは大失敗に終わるはずだったわ。


JA暴走
その欠陥と危険性を痛感させ
そしてそれをエヴァで食い止める。

筋書きは単純だし実行も容易だわ。

そしてJAは組織ごと消滅する…はずだった。
凍結などではなく


「中途半端に残ったわね」

好ましい展開ではないわ
彼らにとっては勿論


「うち(NERV)にとっても」

スポンサーサイト

コメント

Secret

インテリアカレンダー
プロフィール

TYUUJYOU

Author:TYUUJYOU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

二次創作目次


エン ゲージ


第1話 ラブ

前編
後編

第2話
 蜻蛉日誌






第3話
 風と雲と虹と




第4話
 赤城の山も? 






第5話
 アスカ来日 





ブルーレイ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。